タグ別アーカイブ: bills

Lunchmoney LewisがThe Faderに答えたNicki Minajを落とした方法【後半】

昨日の前半に引き続き、LunchMoney Lewisのインタビュー記事を紹介したいと思います。(後半はNicki Minaj関係ありません・・・。)

MiamiのスタジオでSalaam Remiと出会って一緒に仕事をしていた、LunchMoney Lewis。Salaam Remiと言えば、2012年の大ヒットGirl on Fireなんかで有名な、超大物プロデューサー!

そのSalaamに気にいられたLunchMoney Lewisと髪を切りに行った日、Salaamが「もし自分がお前みたいな小さくてぽっちゃっとした奴だったら、きっと自分をLunchMoneyと名付けるだろうね。」と言ったのが元とのこと。

この不思議な名前、そんな適当な流れで決まっていたんですね。

その一方で、Avril LavigneのGirlfriendなどの大ヒット曲を手掛けた、超大物ポップスプロデューサーDr. Lukeとも一緒に仕事をしています。Dr. Luke、この人の手掛けてない曲がチャートにないことが無いってぐらい大物。スゲー。

LunchMoney Lewisが自分の音楽性のルーツについて語るとき、その出自からReggaeやSoul、Rapを挙げる一方で、このDr. Lukeと一緒に仕事をすることで、ポップスについて多く学ぶことができたとインタビューで言っています。

そして最後に、近年、Bruno MarsやCee-Loに見られるような、ブラックミュージックが起源のポップスのヒットが続きていることについて、LunchMoney Lewisはブラックミュージックは、どんな人に対しても、影響を与えることができるスーパーポップなんだと言っています。

ただ、ここには一貫性が必要であって、一時的な流行やトレンディーなところに流されちゃいけないと主張しています。それは文化であり、自分はそれを大切にする人間なんだと。

インタビューはここで締め括られていました。今後の大躍進が楽しみなLunchMoney Lewis。少しはその人柄が垣間見えましたでしょうか?

Lunchmoney LewisがThe Faderに答えたNicki Minajを落とした方法【前半】

Lunchmoney Lewis、徐々に注目が集まってきてます。気が付いたら、オーストラリアのiTunesのチャートで、5位になっていました。すげー!!周りBruno MarsだったりRihannaだったり、トップアーティストの仲間入り?

そんなLunchmoney Lewis、いまだ情報がウェブ上に少なく、どんなキャラクターだか明らかになっていません。そんな中、NYCをベースとした音楽雑誌The FaderのWeb版にインタビュー記事が載っていました。

How LunchMoney Lewis Made Nicki Minaj Pat Her Pum Pum
http://www.thefader.com/2015/03/05/how-lunchmoney-lewis-made-nicki-minaj-pat-her-pum-pum

のっけからタイトルが刺激的。ジャマイカの方の表現で、Pumは女性のあそこ、Pum Pumは女の子をいかせちゃうって意味。

Nicki Minajの最新アルバムにLunchMoney LewisはTrini Dem Girlsという曲を提供していて、その曲の中でこのPat the Pum Pumって表現が出てきます。おぉ、それでこのタイトルか、と一人納得。

両親がジャマイカ出身なLunchMoney LewisだからこそのPum Pumって表現なんですね。

インタビューの中では「ジャマイカの女の子は踊るとき、あそこを叩きながら、くねらせるんだ。このジャマイカのノリにNicki Minajはのってくるか疑問だったけど、いったん曲を流すと、椅子に座ったNicki Minajはあそこを叩きながら、コーラスの部分の制作に乗り出したんだ」というエピソードを紹介しています。

PVや曲調から、Nicki Minajはそういう方向性であるのは間違いなさそうですが、また一つそれを裏付けるエピソード誕生です。

ちなみにNicki MinajのTrini Dem Girlsは、かなりカッコいい。ダンス振付付きのこの動画とか、見てるだけでワクワクしちゃいます。Nicki Minajから公式のPVでないかなぁ。

また、全然Webサーチからは分かりませんでしたが、このインタビューによると、Meek MillというアーティストのOff the cornerという曲のコーラス部の制作にも携わっているみたいです。

それをLunchMoney Lewisは「彼らに曲を書いた」という表現は嫌いで、あくまで「Collaboration」と言っています。一緒に作業をしてその時のちょっとしたフィーリングを大事にして、少しでもいいものを作り上げようとする姿勢についても言及しています。

また、Miamiで育ったLunchMoney Lewis。自分のことを「ストリートの悪ガキじゃないけど、友達はたくさんいるよ。マイアミは荒れたところもあるし、そういうこと抜きには生きていけない街なんだ。」

「ストリートからは卒業できなかったよ、卒業証書もないしね。高校も卒業しなかったけど、自分のことはストリート無しには語れないよ。ストリートはエネルギーで、ヒップホップ、自分はそこにいるんだ。」

残りの部分は後半で。お楽しみに!

Bills/ Lunchmoney Lewis 【歌詞和訳】

ノリノリで一度聴いたら忘れられない、Lunchmoney LewisのBills。早速歌詞を和訳してみました。

billsm

 

I got Bills I gotta pay. So I’ma gonn’ work work work every day
請求書が来たから、支払わないと。だから毎日毎日仕事にいかなきゃいけない。

I got mouths I gotta feed, So I’ma gonn’ make sure everybody eats
食べさせないといけない口があるから、みんなが食べていけるようにしなきゃならない。

I got Bills!!
請求書がくるから!

All these bills pile up my desk. They looking like a mount’
机には請求書が積み上がってる、まるで山みたいだ

All the little kids run around. I can hear their stomach growl
チビたちは走り回ってる。やつらの腹が鳴っているのが聞こえる。

Touching for a moon out and my girl just don’t know how
月までたどり着きたいっていうのかよ!そんな方法知らないくせに。

Said she gonna leave me if I don’t home with $50
50ドル持ってこなきゃ、家を出てくなんて言ってやがった。

$50?
50ドルだって?

God damn, god damn, god damn, god damn
くそったれ、くそったれ、くそったれ、くそったら

Oh man, oh man, oh man, oh man
なんてこった、なんてこった、なんてこった、なんてこった

God damn, oh man, god damn, oh man
くそったれ、なんてこった、くそったれ、なんてこった

I got Bills I gotta pay. So I’ma gonn’ work work work every day
請求書が来たから、支払わないと。だから毎日毎日仕事にいかなきゃいけない。

I got mouths I gotta feed, So I’ma gonn’ make sure everybody eats
食べさせないといけない口があるから、みんなが食べていけるようにしなきゃならない。

Woke up and I bumped my head, stumped my toe on the edge of the bed
朝目が覚めて、頭をぶつけて、ベッドの角につま先ぶつけて、

Opened the fridge and the food all gone
冷蔵庫を開けてみたら、中身は空っぽになってやがる。

Leaving everybody, crap them along
みんな放っておいて、もうクソみたいに捨ててやる

Hopped in the car and the car won’t start. It’s too damn hot but I still gotta walk
車に飛び乗ったら、エンジンはかからない。最悪な暑さだけど、歩いていくとするか

My honey old lady and of course will not. Praying that my card won’t get declined
おばあちゃんは、もちろんそんなことはないんだろけど、俺のカードがちゃんと使えますように、、、

God damn, god damn, god damn, god damn
くそったれ、くそったれ、くそったれ、くそったら

Oh man, oh man, oh man, oh man
なんてこった、なんてこった、なんてこった、なんてこった

God damn, oh man, god damn, oh man
くそったれ、なんてこった、くそったれ、なんてこった

I got Bills I gotta pay. So I’ma gonn’ work work work every day
請求書が来たから、支払わないと。だから毎日毎日仕事にいかなきゃいけない。

I got mouths I gotta feed, So I’ma gonn’ make sure everybody eats
食べさせないといけない口があるから、みんなが食べていけるようにしなきゃならない。

I got Bills!!
請求書がくるから!

And my shoes, my shoes I said my shoes! Ain’t got no soul
そして靴、靴、靴のことだよ!魂はないんだ。

I got Bills I gotta pay. So I’ma gonn’ work work work every day
請求書が来たから、支払わないと。だから毎日毎日仕事にいかなきゃいけない。

I got mouths I gotta feed, So I’ma gonn’ make sure everybody eats
食べさせないといけない口があるから、みんなが食べていけるようにしなきゃならない。

 

I got Bills I gotta pay. So I’ma gonn’ work work work every day
請求書が来たから、支払わないと。だから毎日毎日仕事にいかなきゃいけない。

I got mouths I gotta feed, So I’ma gonn’ make sure everybody eats
食べさせないといけない口があるから、みんなが食べていけるようにしなきゃならない。

Lunchmoney Lewisって誰?ノリノリのBillsはヒット間違いなし!

billsm

最近ラジオで急に流れ初めたノリノリのBills。DJはLunchmoney Lewisって紹介しているけど、一体全体だれ?

実は昨年の大ヒットJessie JのBang BangやNicki Minajの最新アルバムに クレジットされたりと、最近急に引っ張りだこ。ヒット曲とは言え制作クレジットはいちいち見て覚えてられないので、Lunchmoney Lewisとして曲が出て、初めて「あっ!」と気付いたとこです。

Lunchmoney Lewisは実は音楽一家で、お父さんと叔父さんは、Inner Circleの立ち上げメンバーだったりします。90s思い出す、懐かしい!知らない人はこちら↓ (Sweatという名前よりA LA LA LA Longというフレーズが有名)

しかもこの2人がMiamiに始めたCircle House StudioはポップやR&Bでは有名なレコーディングスタジオに育ち、Pitbullがそのキャリアを始めた場所でもあり、Flo RidaのLowをレコーディングした場所でもあります。

そんな環境で育ったLunchmoney Lewis、音楽の感性が磨かれないはずがない!今後の躍進間違いなしでしょ!

歌詞の内容も何だかウケる。というより、ゆるい。なんでアメリカは家賃払えないとか、領収書払えないとか、そんな歌詞が多いんだろう・・・。

I got bills I gotta pays. So I’ma gonn’ work work work everyday. I got mouths I gotta feed. So I’ma gonn’ make sure everybody eats.

領収書が来た。支払わないと。だから毎日毎日働かなきゃ。養わなきゃいけない口があるし、みんな食べていけるようにしなきゃ。