カテゴリー別アーカイブ: ポップス

Lunchmoney LewisがThe Faderに答えたNicki Minajを落とした方法【後半】

昨日の前半に引き続き、LunchMoney Lewisのインタビュー記事を紹介したいと思います。(後半はNicki Minaj関係ありません・・・。)

MiamiのスタジオでSalaam Remiと出会って一緒に仕事をしていた、LunchMoney Lewis。Salaam Remiと言えば、2012年の大ヒットGirl on Fireなんかで有名な、超大物プロデューサー!

そのSalaamに気にいられたLunchMoney Lewisと髪を切りに行った日、Salaamが「もし自分がお前みたいな小さくてぽっちゃっとした奴だったら、きっと自分をLunchMoneyと名付けるだろうね。」と言ったのが元とのこと。

この不思議な名前、そんな適当な流れで決まっていたんですね。

その一方で、Avril LavigneのGirlfriendなどの大ヒット曲を手掛けた、超大物ポップスプロデューサーDr. Lukeとも一緒に仕事をしています。Dr. Luke、この人の手掛けてない曲がチャートにないことが無いってぐらい大物。スゲー。

LunchMoney Lewisが自分の音楽性のルーツについて語るとき、その出自からReggaeやSoul、Rapを挙げる一方で、このDr. Lukeと一緒に仕事をすることで、ポップスについて多く学ぶことができたとインタビューで言っています。

そして最後に、近年、Bruno MarsやCee-Loに見られるような、ブラックミュージックが起源のポップスのヒットが続きていることについて、LunchMoney Lewisはブラックミュージックは、どんな人に対しても、影響を与えることができるスーパーポップなんだと言っています。

ただ、ここには一貫性が必要であって、一時的な流行やトレンディーなところに流されちゃいけないと主張しています。それは文化であり、自分はそれを大切にする人間なんだと。

インタビューはここで締め括られていました。今後の大躍進が楽しみなLunchMoney Lewis。少しはその人柄が垣間見えましたでしょうか?

Lunchmoney LewisがThe Faderに答えたNicki Minajを落とした方法【前半】

Lunchmoney Lewis、徐々に注目が集まってきてます。気が付いたら、オーストラリアのiTunesのチャートで、5位になっていました。すげー!!周りBruno MarsだったりRihannaだったり、トップアーティストの仲間入り?

そんなLunchmoney Lewis、いまだ情報がウェブ上に少なく、どんなキャラクターだか明らかになっていません。そんな中、NYCをベースとした音楽雑誌The FaderのWeb版にインタビュー記事が載っていました。

How LunchMoney Lewis Made Nicki Minaj Pat Her Pum Pum
http://www.thefader.com/2015/03/05/how-lunchmoney-lewis-made-nicki-minaj-pat-her-pum-pum

のっけからタイトルが刺激的。ジャマイカの方の表現で、Pumは女性のあそこ、Pum Pumは女の子をいかせちゃうって意味。

Nicki Minajの最新アルバムにLunchMoney LewisはTrini Dem Girlsという曲を提供していて、その曲の中でこのPat the Pum Pumって表現が出てきます。おぉ、それでこのタイトルか、と一人納得。

両親がジャマイカ出身なLunchMoney LewisだからこそのPum Pumって表現なんですね。

インタビューの中では「ジャマイカの女の子は踊るとき、あそこを叩きながら、くねらせるんだ。このジャマイカのノリにNicki Minajはのってくるか疑問だったけど、いったん曲を流すと、椅子に座ったNicki Minajはあそこを叩きながら、コーラスの部分の制作に乗り出したんだ」というエピソードを紹介しています。

PVや曲調から、Nicki Minajはそういう方向性であるのは間違いなさそうですが、また一つそれを裏付けるエピソード誕生です。

ちなみにNicki MinajのTrini Dem Girlsは、かなりカッコいい。ダンス振付付きのこの動画とか、見てるだけでワクワクしちゃいます。Nicki Minajから公式のPVでないかなぁ。

また、全然Webサーチからは分かりませんでしたが、このインタビューによると、Meek MillというアーティストのOff the cornerという曲のコーラス部の制作にも携わっているみたいです。

それをLunchMoney Lewisは「彼らに曲を書いた」という表現は嫌いで、あくまで「Collaboration」と言っています。一緒に作業をしてその時のちょっとしたフィーリングを大事にして、少しでもいいものを作り上げようとする姿勢についても言及しています。

また、Miamiで育ったLunchMoney Lewis。自分のことを「ストリートの悪ガキじゃないけど、友達はたくさんいるよ。マイアミは荒れたところもあるし、そういうこと抜きには生きていけない街なんだ。」

「ストリートからは卒業できなかったよ、卒業証書もないしね。高校も卒業しなかったけど、自分のことはストリート無しには語れないよ。ストリートはエネルギーで、ヒップホップ、自分はそこにいるんだ。」

残りの部分は後半で。お楽しみに!

Justin BieberのHappy Birthdayはプライベートアイランド!?

Justin Bieber、ついに21歳になりました。これまでも数々のお騒がせがありましたが、これを避けるためか、彼がBirthdayに選んだのは、カリブのプライベートアイランド!

日本だと、芸能人の誕生日とはいえ、クラブ貸切とか、パーティー会場貸切とかありそうですが、まさかプライベートアイランドとは!

よく聞くラジオ番組でも、プライベートアイランドなら、裸になっても、ヤシの木に登っても、お騒がせにはならないよね!なんて言ってましたが、早速上半身裸の写真がネットを賑わせています。

justin-bieber

けど一体、プライベートアイランドっていくらぐらい?と疑問がわいたので、ちょっと調べてみました。仲間集めて、パーティーするぐらいなら、そんなに大きくないところでも十分だよね。

さっそく調べてみました。お値段、8,000,000ドル!!これで島に家と小さいハーバー、コテージにバンガロー付き!日本円なら大体10億ぐらいかな・・・?

http://www.privateislandsonline.com/islands/sandy-cay-bahamas

都心の一軒家と比べると、なんかお得な感じ!!

話がだいぶずれましたが、きっと誕生日はBeauty and Beatみたいな感じだったんでしょうね!行ってみたい!!!

あなたの背中を押してくれるPositive Messageがある3つのヒット曲【男性編】

前の投稿の女性編に引き続き、勇気が出てくる曲、男性編を送りたいと思います。

1. American Authors – Best day of my life
best day of my life

I’m never gonna look back, woh, I never gonna give it up, no. please don’t wake me now. This is gonna be the best day of my life
「決して振り返らないだろうし、決してあきらめたりしない。今日が人生で最高な日になるんだ。」

ここからは男性ボーカル編。この曲、バンジョーの軽い響きが楽しげな雰囲気を醸してます。

夢の中のことを歌った曲のように思えますが、きっとこれはただ夢じゃなくて、叶えられる夢、そしてそこへの一歩を踏み出す、その日を歌った歌のように思えます。

なりたい自分、なんでもできる自分、そこに至る一歩を踏み出す今日。それはきっと後から振り返ってみれば、人生を変えた最高の日であったはずです。

2. Imagine Dragons – On top of the world
on top of the world

And I know it’s hard when you’re falling down. And it’s a long way up when you hit the ground. Get up now, get up, get up now…
「そして落ち込んだら大変だよね。一度落ちるところまで落ちたら、起き上がるまでの道のりは長い。けど、立ち上がるんだ、立ち上がるんだ、立ち上がるんだ」

そう、どんだけつらくても、落ち込んでも、まずは立ち上がって、長い長い一歩を進み始めないと、

人生なにがあるか分からないからこそ、どんなに落ち込んでも、止まっていないで、前に、前に進むんだ、とこの曲は言っています。

力が腹の底から、小さくても少しずつ湧いてくるのを感じます。

けど、この曲を歌ったImagine DragonsがRadioactiveとか歌うから、そのギャップがたまらなく不思議。

3. Am I wrong – Nico & VInz
am i wrong

Walk to walk and don’t look back, always do what you decide
Don’t let them control your life, that’s just how I feel
Fight for yours and don’t let go, don’t let them compare you, no
Don’t worry, you’re not alone, that’s just how we feel
歩き続けて振り返らないで、常に決めた道をすすむんだ。やつらにお前の人生をコントロールさせるんじゃない。
自分のために戦え、人には比較させるんじゃない。気にするな、お前は一人じゃないんだから。

常に自問自答しながら、自分の決めた道を進むのは、決して楽な道ではありません。他にも同じように感じている人は少なくないはずなのに、ふとしたタイミングで自分は孤独なんじゃ?と思う。

この歌でもAm I wrongと、何度も何度も自問しながら進む姿が描かれています。

けど、中間コーラスで、自分の一生を自分でコントロールするように訴えかけます。あまりアップな雰囲気な曲ではありませんが、だからこそずっしりとした重みを言葉に感じます。