usamusic のすべての投稿

あなたの背中を押してくれるPositive Messageがある3つのヒット曲【男性編】

前の投稿の女性編に引き続き、勇気が出てくる曲、男性編を送りたいと思います。

1. American Authors – Best day of my life
best day of my life

I’m never gonna look back, woh, I never gonna give it up, no. please don’t wake me now. This is gonna be the best day of my life
「決して振り返らないだろうし、決してあきらめたりしない。今日が人生で最高な日になるんだ。」

ここからは男性ボーカル編。この曲、バンジョーの軽い響きが楽しげな雰囲気を醸してます。

夢の中のことを歌った曲のように思えますが、きっとこれはただ夢じゃなくて、叶えられる夢、そしてそこへの一歩を踏み出す、その日を歌った歌のように思えます。

なりたい自分、なんでもできる自分、そこに至る一歩を踏み出す今日。それはきっと後から振り返ってみれば、人生を変えた最高の日であったはずです。

2. Imagine Dragons – On top of the world
on top of the world

And I know it’s hard when you’re falling down. And it’s a long way up when you hit the ground. Get up now, get up, get up now…
「そして落ち込んだら大変だよね。一度落ちるところまで落ちたら、起き上がるまでの道のりは長い。けど、立ち上がるんだ、立ち上がるんだ、立ち上がるんだ」

そう、どんだけつらくても、落ち込んでも、まずは立ち上がって、長い長い一歩を進み始めないと、

人生なにがあるか分からないからこそ、どんなに落ち込んでも、止まっていないで、前に、前に進むんだ、とこの曲は言っています。

力が腹の底から、小さくても少しずつ湧いてくるのを感じます。

けど、この曲を歌ったImagine DragonsがRadioactiveとか歌うから、そのギャップがたまらなく不思議。

3. Am I wrong – Nico & VInz
am i wrong

Walk to walk and don’t look back, always do what you decide
Don’t let them control your life, that’s just how I feel
Fight for yours and don’t let go, don’t let them compare you, no
Don’t worry, you’re not alone, that’s just how we feel
歩き続けて振り返らないで、常に決めた道をすすむんだ。やつらにお前の人生をコントロールさせるんじゃない。
自分のために戦え、人には比較させるんじゃない。気にするな、お前は一人じゃないんだから。

常に自問自答しながら、自分の決めた道を進むのは、決して楽な道ではありません。他にも同じように感じている人は少なくないはずなのに、ふとしたタイミングで自分は孤独なんじゃ?と思う。

この歌でもAm I wrongと、何度も何度も自問しながら進む姿が描かれています。

けど、中間コーラスで、自分の一生を自分でコントロールするように訴えかけます。あまりアップな雰囲気な曲ではありませんが、だからこそずっしりとした重みを言葉に感じます。

あなたの背中を押してくれるPositive Messageがある3つのヒット曲【女性編】

歌はただ聴いて楽しいだけではなく、その歌詞の持つ意味が、人を動かすことは多々あります。勇気をもらったり、悲しみを慰めてくれたり、人を愛する素晴らしさを教えてくれたり。

ここでは、人の心に勇気の火をともすヒット曲を、比較的新しい女性ボーカルものから3つ紹介したいと思います。

1. Sara Bareilles – Brave
sara_brave

I wander what would happen if you say what you wanna say and let the word fall out
「あなたが言いたいこと言ってみたら、いったい何が起こるか私楽しみなの。」

う~ん、中々勇気を出して何かを言うのって難しいですよね。けど、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれる、正に「Brave」というタイトルがふさわしい曲です。

自分も何度この曲に勇気をもらったことか。

ちなみに一見普通の人が、臆せず公衆の面前で、ひたすら踊り、それを楽しんでいるPVも、見ていると勇気が湧いてきます。

 

2. Alesso – Heroes (we could be)
alesso_heroes

Everyday people do everyday things but I can’t be one of them
I know you hear me now. We are a different kind. We can do anything
「みんなが毎日毎日ちゃんと過ごしている。けど私はそういう人にはなれないの。私の言ってることわかるでしょ?私たちはみんなとは違って、なんだってできるのよ。」

We could be heroes, me and you.
「ヒーローにだってなれるわ、あなたとわたしなら。」

ヒーロー、すてきな言葉ですよね。子供のころ、一度は憧れ、そして諦めた存在。けど、日々過ごす日常から、勇気を持って少し抜け出せば、そんなあなたもきっと誰かのヒーローになれる。そういった歌だと私は思います。

一歩、踏みだす力をこの曲は私にくれました。

 

3. Zedd ft. Ariana Grande – Break Free
ariana break free

This is the part when I say I don’t want ya. I’m stronger than I’ve been before. This is the part when I break free ’cause I can’t resist it no more

「あなたはもう必要ないって言ったとき、これが言いたかったことなの。私は前より強くなれた。もう耐えられなかったから、あなたから解放されたとき、これが言いたかったの」
※「これ」はこの部分の前に出てきた歌詞

強くなるための訣別を歌ったこの曲。変化が怖かったりして、現状に甘んじてしまうことってよくあると思います。けど、それじゃいけない。変わって、そして強くなる必要性を感じさせてくれます。

そしてこの歌詞に加えて、このPV!Ariana Grande、まるでお人形さんみたい。ついでにおっぱいロケット・・・漫画みたい?

AMERICAN TOP 40チャート 2015/2/28

2015/2/28 American Top 40チャート

1. Mark Ronson/ Uptown Funk feat. Bruno Mars

2. Ed Sheeran/ Thinking Out Loud

3. Hozier/ Take Me To Church

4. Meghan Trainor/ Lips Are Movin’

5. Taylor Swift/ Blank Space

6. Pitbull/ Time Of Our Lives feat. Ne-Yo

7. Sam Smith/ I’m Not The Only One

8. Taylor Swift/ Style

9. Lilly Wood & The Prick and Robin Schulz/ Prayer In C

10. Nick Jonas/ Jealous

 

Mark RonsonとBruno MarsのUptown Funkが3週連続でトップの座を射止めました。Billboard top 100もトップをキープし、まだまだこの勢いあるノリは止められない!

それを追うのはEd SheeranのThinking out loud。この曲、かなり好きです。詩がとてもストレートで、難しいこと考えずに心に染み込んでいきます。それを切なく歌いあげるEd Sheeranの声もたまりません。先週の3位から1つ順位を上げました。

その一方で、 Ariana GrandeのLove Me Harderは8位から14位に後退。ただ、Love Me Harder自体が長期にわたってチャートインしているので、これも致し方ない気もします。

注目は37位のFlo RidaのGDFR ft. Sage The Gemini and Lookasと、38位のJessie JのMasterpiece。両方ともチャート新登場ですが、ヒットチャートの常連な2人の曲は、今後、チャートの上昇間違いなし!

両方とも大ヒットしそうな予感のする曲ですが、個人的にはGDFRの方が好み。何と言っても、PVもむっちゃカッコいいので、要チェックです!

Paramore/ Ain’t It Funの原点は超キレキレロック!

先日のグラミー賞で、ベストロック賞を受賞したParamoreのAin’t It Fun。ボーカルのHayley Williamsはその可愛いらしさでも評判です。

aintitfun

Ain’t It Funがベストロック?あんまりロックロックしてないなぁ、と日本人の感覚では思ってしまうかもしれません。けど海の向こうのアメリカでは、Pop Rockというくくりで捉えられていて、これも立派なロック。

けど、Paramoreの評判を眺めていくと、Mature(成熟した)なバンドになったね、というものが目立ちました。また、批判的な内容では変わってしまった、残念というのも多かったです。

昔のParamore、確かにもっともっとキレキレなロックでした。大好きなのはこのMisery Business。
う~ん、最高。疾走感が半端ないです!

この頃の曲と、Ain’t It Funを比べると、確かにバンドとして成熟しただろうし、方向性も変わったのが分かります。

それを是ととるか、否ととるか。好みが分かれるところだと思いますが、私は昔の方が好きだったりします。ただ、アメリカの音楽マーケットは激しいロックよりも、ポップなロックを求める傾向にあり、そういった流れにうまく乗ったParamoreの上手さがあった思います。

Hayley Williamsと言えば、あとZeddとのコラボレーションのStay The Nightもいいですよね。